MAILサーバー設定

 

Postfixの設定

外部からWebアクセスできるように追記します。

[root@www ~]# vi /etc/httpd/conf.d/virtualhost-centserver.jp.conf
<VirtualHost *:80>
    ServerName centserver.jp
    DocumentRoot /var/www/html
    ServerAlias mail.centserver.jp
    RewriteEngine On
    RewriteCond %{HTTP_HOST} ^www\.centserver\.jp
    RewriteRule ^(.*)$ http://centserver.jp/$1 [R=301,L]
</VirtualHost>

Postfixをインストールをします。

[root@www ~]# yum install postfix

Postfixを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/main.cf

77行目:メールサーバードメイン名の指定を追記します。

myhostname = mail.centserver.jp

84行目:ドメイン名の指定を追記します。

mydomain = centserver.jp

100行目:送信元メールアドレスにドメイン名の指定を追記します。

myorigin = $mydomain

116行目:外部からのメール受信を許可する設定に変更します。

inet_interfaces = all

164行目:ドメインメールを受信する設定に変更します。

mydestination = $myhostname, localhost.$mydomain, localhost, $mydomain

420行目:メール格納形式をMaildir形式にする設定を追記します。

home_mailbox = Maildir/

574行目:メールサーバーソフト名の隠蔽化する設定を追記します。

smtpd_banner = $myhostname ESMTP unknown

SMTP認証の設定を最終行へ追加します。

smtpd_sasl_auth_enable = yes

smtpd_recipient_restrictions =
    permit_mynetworks
    permit_sasl_authenticated
    reject_unauth_destination

受信メールサイズを10MB=10*1024*1024に制限する設定を最終行へ追記します。

message_size_limit = 10485760

master.cfの設定をします。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/master.cf

16行目:行頭の「#」を削除してコメント解除します。

submission inet n    -    n    -    -    smtpd

19行目:行頭の「#」を削除してコメント解除します。

 -o smtpd_sasl_auth_enable=yes

SMTP認証設定

cyrus-saslをインストールします。

[root@www ~]# yum install cyrus-sasl cyrus-sasl-plain

起動します。

[root@www ~]# systemctl start saslauthd

自動起動設定します。

[root@www ~]# systemctl enable saslauthd

Maildir形式メールボックスの作成

新規ユーザー追加時に自動でMaildir形式メールボックス作成する設定をします。

[root@www ~]# mkdir -p /etc/skel/Maildir/{new,cur,tmp}

メールボックスパーミッションを設定します。

[root@www ~]# chmod -R 700 /etc/skel/Maildir/

起動します。

[root@www ~]# systemctl restart postfix

現在のユーザーのMaildir形式メールボックス作成する設定をします。

[root@www ~]# wget https://centos.rcg.jp/perfect_maildir/perfect_maildir.pl -O /usr/local/bin/perfect_maildir.pl
[root@www ~]# chmod +x /usr/local/bin/perfect_maildir.pl

Maildir変換に必要なPerlのTimeDateモジュールインストールします。

[root@www ~]# yum -y install perl-TimeDate

Postfixを停止します。

[root@www ~]# systemctl stop postfix

Maildir一括変換スクリプトを作成します。

[root@www ~]# vi migrate-maildir.sh
#!/bin/bash
#
#Maildir一括変換スクリプト
#
#メールボックス=>Maildir形式変換スクリプト
#http://perfectmaildir.home-dn.net/
FOLDERCONVERT=/usr/local/bin/perfect_maildir.pl
#一般ユーザリスト
USERLIST=`ls /home/`
#ログ
MIGRATELOG=/tmp/migrate-maildir.log
rm -f $MIGRATELOG
#引数(変換元メールボックス形式)チェック
if [ "$1" != "mbox" ] && [ "$1" != "Mailbox" ]; then
echo "Usage: migrate-maildir.sh {mbox|Mailbox}"
exit
fi
#一般ユーザメールボックス移行
for user in $USERLIST;
do
if [ "$1" = "mbox" ]; then
inbox="/var/spool/mail/${user}"
else
inbox="/home/${user}/Mailbox"
fi
if [ -f "${inbox}" ]; then
newdir="/home/${user}/Maildir/"
mkdir -p "$newdir"
mkdir -p "$newdir"/cur
mkdir -p "$newdir"/new
mkdir -p "$newdir"/tmp
chmod -R 700 "${newdir}"
$FOLDERCONVERT "$newdir" < "${inbox}" >> $MIGRATELOG 2>&1
chown -R ${user}. "$newdir"
find "$newdir" -type f -exec chmod 600 {} \;
fi
done
#rootユーザメールボックス移行
user="root"
if [ "$1" = "mbox" ]; then
inbox="/var/spool/mail/${user}"
else
inbox="/${user}/Mailbox"
fi
if [ -f "${inbox}" ]; then
newdir="/${user}/Maildir/"
mkdir -p "$newdir"
mkdir -p "$newdir"/cur
mkdir -p "$newdir"/new
mkdir -p "$newdir"/tmp
chmod -R 700 "${newdir}"
$FOLDERCONVERT "$newdir" < "${inbox}" >> $MIGRATELOG 2>&1
chown -R ${user}. "$newdir"
find "$newdir" -type f -exec chmod 600 {} \;
fi
[ -a $MIGRATELOG ] && cat $MIGRATELOG;rm -f $MIGRATELOG

一括変換スクリプトを実行します。

[root@www ~]# sh migrate-maildir.sh mbox

Maildir一括変換スクリプトを削除します。

[root@www ~]# rm -f migrate-maildir.sh

Maildir変換ツールを削除します。

[root@www ~]# rm -f /usr/local/bin/perfect_maildir.pl

起動します。

[root@www ~]# systemctl restart postfix

webmasterユーザーをメール使用する場合は「/etc/aliases」を変更します。

[root@www ~]# vi /etc/aliases

行頭に#を追加して転送を無効にします。

#webmaster: root

転送設定を反映します。

[root@www ~]# newaliases

TCP25番、TCP587番ポート開放

ルーターの設定で、TCP25番、TCP587番ポートを開放します。(設定方法はご自身の環境に合わせて調べてください。

ポート開放テスト

こちらのサイトで「ホスト名(centserver.jp)」、「ポート番号(25,587)」の開放確認をします。

OP25B対策

OP25B対策はこちらをご覧ください。

Dovecotのインストール

[root@www ~]# yum -y install dovecot

dovecot.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/dovecot/dovecot.conf

24行目:行頭「#」を削除してコメント解除します。

protocols = imap pop3 lmtp

30行目:行頭「#」を削除してコメント解除し、IPv6を無効にする設定に変更します。

listen = *

10-mail.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/dovecot/conf.d/10-mail.conf

31行目:メール格納形式をMaildir形式にする設定を追記します。

mail_location = maildir:~/Maildir

10-auth.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/dovecot/conf.d/10-auth.conf

11行目:プレインテキスト認証を許可する設定を追記します。

disable_plaintext_auth = no

10-ssl.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

8行目:SSL接続を無効にする設定に変更します。

ssl = no

起動します。

[root@www ~]# systemctl start dovecot

自動起動を設定します。

[root@www ~]# systemctl enable dovecot

TCP110番またはTCP143番ポート開放

ルーターの設定で、TCP110番またはTCP143番ポートを開放します。(設定方法はご自身の環境に合わせて調べてください。

ポート開放テスト

こちらのサイトで「ホスト名(centserver.jp)」、「ポート番号(110または143)」の開放確認をします。

メールユーザーの追加

ユーザーを追加します。(ユーザー例:centos)

[root@www ~]# useradd centos

パスワードを設定します。

[root@www ~]# passwd centos
Changing password for user centos.
New UNIX password:
Retype new UNIX password:

「/etc/ssh/sshd_config」を編集して、秘密鍵での認証接続を無効にする

sshd_configを編集します。

[root@www ~]# vi /etc/ssh/sshd_config

65行目:「no」→「yes」に変更します。

PasswordAuthentication yes

SSHを再起動します。

[root@www ~]# systemctl restart sshd

TeraTermにcentosで新しい接続をします。

SSHサーバー公開鍵認証方式接続の設定をします。

sendmailパスの確認

main.cfを開きます。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/main.cf

646行目:sendmailパスの確認します。

sendmail_path = /usr/sbin/sendmail.postfix

メールソフトの登録

先にThunderbirdへGmail(送信用メール)の設定をします。

Thunderbirdを起動し、メールをクリックします。

Thunderbird

あなたのお名前、メールアドレス(centos@centserver.jp)、パスワードを入力し、「続ける」をクリックします。

メールアドレス

「手動設定」をクリックします。

手動設定

サーバーのホスト名 ポート番号 SSL 認証方式
受信サーバー POP3 mail.centserver.jp 110 接続の保護なし 通常のパスワード認証
送信サーバー SMTP mail.centserver.jp 587 接続の保護なし 通常のパスワード認証

上の表を参考にして設定し、「完了」をクリックします。

完了

「接続する上での危険性を理解しました」を選択して「完了」をクリックします。

接続する上での危険性を理解しました

サーバー証明書の取得

Certbotをインストールします。

[root@www ~]# yum --enablerepo=epel -y install certbot

証明書を取得します。

ドキュメントルート:/var/www/html/

メールアドレス:webmastercentserver.jp

メールサーバー名:mail.centserver.jp

[root@www ~]# certbot certonly --webroot -w /var/www/html/ -m webmaster@centserver.jp  -d mail.centserver.jp --agree-tos

証明書自動更新の設定をします。

[root@www ~]# vi /etc/cron.d/letsencrypt

下記を追記します。

00 16 * * 2 root /usrobin/certbot renew --post-hook "service httpd restart"

SSLの設定

main.cfを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/main.cf

下記を最終行に追記します。

smtp_tls_security_level = may
smtpd_tls_security_level = may
smtpd_tls_cert_file = /etc/letsencrypt/live/mail.centserver.jp/fullchain.pem
smtpd_tls_key_file = /etc/letsencrypt/live/mail.centserver.jp/privkey.pem
smtpd_tls_session_cache_database = btree:/var/lib/postfix/smtpd_scache

tls_high_cipherlist = kEECDH:+kEECDH+SHA:kEDH:+kEDH+SHA:+kEDH+CAMELLIA:kECDH:+kECDH+SHA:kRSA:+kRSA+SHA:+kRSA+CAMELLIA:!aNULL:!eNULL:!SSLv2:!RC4:!MD5:!DES:!EXP:!SEED:!IDEA:!3DES
smtp_tls_ciphers = high
smtpd_tls_ciphers = high
smtpd_tls_mandatory_ciphers = high

smtpd_tls_mandatory_protocols=!SSLv2,!SSLv3
smtp_tls_mandatory_protocols=!SSLv2,!SSLv3
smtpd_tls_protocols=!SSLv2,!SSLv3
smtp_tls_protocols=!SSLv2,!SSLv3

master.cfを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/master.cf

16行目:行頭に「#」を追加してコメント化し、SUBMISSIONポートを無効化します。

#submission inet n    -    n    -    -    smtpd

19行目:行頭に「#」を追加してコメント化し、SUBMISSIONポートのSMTP認証を無効化します。

#  -o smtpd_sasl_auth_enable=yes

26行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、SMTPSを有効化します。

smtps    inet n    -    n    -    -    smtpd

28行目:行頭の「#」削除してコメント解除し、SMTPSを有効化します。

 -o smtpd_tls_wrappermode=yes

29行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、SMTPSを有効化します。

 -o smtpd_sasl_auth_enable=yes

41行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、SMTPSを有効化します。

tlsmgr    unix    -    -    n    300    1    tlsmgr

再起動します。

[root@www ~]# systemctl restart postfix

TCP465番ポート開放

ルーターの設定で、TCP465番ポートを開放します。(設定方法はご自身の環境に合わせて調べてください。

ポート開放テスト

こちらのサイトで「ホスト名(mail.centserver.jp)」、「ポート番号(465)」の開放確認をします。

TCP587番ポート閉鎖

ルーターの設定で、TCP587番ポートを閉鎖します。(設定方法はご自身の環境に合わせて調べてください。

ポート開放テスト

こちらのサイトで「ホスト名(mail.centserver.jp)」、「ポート番号(587)」の開放されていないことを確認をします。

Dovecot設定

10-auth.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/dovecot/conf.d/10-ssl.conf

8行目:SSL接続を有効にする設定に変更します。

ssl = yes

14行目:サーバー証明書+中間証明書を指定します。

ssl_cert = </etc/letsencrypt/live/mail.centserver.jp/fullchain.pem

15行目:秘密鍵を指定します。

ssl_key = </etc/letsencrypt/live/mail.centserver.jp/privkey.pem

51行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、脆弱性のある暗号化方式(SSLv2,SSLv3)を無効化します。

ssl_protocols = !SSLv2 !SSLv3

54行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、使用する暗号化方法を指定します。

ssl_cipher_list = EECDH+AESGCM+AES128:EECDH+AESGCM+AES256:EDH+AESGCM+AES128:EDH+AESGCM+AES256:EECDH+SHA256+AES128:EECDH+SHA384+AES256:EDH+SHA256+AES128:EDH+SHA256+AES256:EECDH+SHA1+AES128:EECDH+SHA1+AES256:EDH+SHA1+AES128:EDH+SHA1+AES256:EECDH+HIGH:EDH+HIGH:AESGCM+AES128:AESGCM+AES256:SHA256+AES128:SHA256+AES256:SHA1+AES128:SHA1+AES256:HIGH:!aNULL:!eNULL:!EXPORT:!DES:!RC4:!MD5:!PSK:!KRB5:!aECDH:!3DES

再起動します。

[root@www ~]# systemctl restart dovecot

TCP995番またはTCP993番ポート開放

ルーターの設定で、TCP995番またはTCP993番ポートを開放します。(設定方法はご自身の環境に合わせて調べてください。

ポート開放テスト

こちらのサイトで「ホスト名(mail.centserver.jp)」、「ポート番号(995または993)」の開放確認をします。

メールソフトの設定変更

Thunderbirdを起動し、メールアドレスを選択し、「このアカウントの設定を表示する」をクリックします。

このアカウントの設定を表示する

「サーバー設定」をクリックし、「接続の保護」で「SSL/TLS」を選択します。

サーバー設定

「送信(SMTP)サーバー」をクリックし、SMTPサーバーを選択して「編集」をクリックします。

送信(SMTP)サーバー

「ポート番号」に「465」を入力し、「接続の保護」で「SSL/TLS」を選択して、「OK」をクリックします。

ポート番号

「OK」をクリックします。

「OK」をクリック

アンチウィルスソフトの連携(Clamav+Amavisd)

Amavisd および Clamav Server をインストールします。

[root@www ~]# yum --enablerepo=epel -y install amavisd-new clamav-scanner clamav-scanner-systemd

amavisd.confを設定します。

[root@www ~]# vi /etc/amavisd/amavisd.conf

23行目:ドメイン名を設定します。

$mydomain = 'centserver.jp';

155行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、メールサーバーを設定します。

$myhostname = 'mail.centserver.jp';

157行目、158行目:行頭の「#」を削除してコメント解除します。

$notify_method = 'smtp:[127.0.0.1]:10025';
$forward_method = 'smtp:[127.0.0.1]:10025';

386行目:以下のようになっているか確認します。

['ClamAV-clamd',
\&ask_daemon, ["CONTSCAN {}\n", "/var/run/clamd.amavisd/clamd.sock"],
qr/\bOK$/m, qr/\bFOUND$/m,
qr/^.*?: (?!Infected Archive)(.*) FOUND$/m ],

起動します。

[root@www ~]# systemctl start clamd@amavisd amavisd spamassassin

自動起動を設定します。

[root@www ~]# systemctl enable clamd@amavisd amavisd spamassassin

main.cfの設定です。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/main.cf

最終行に追記します。

content_filter=smtp-amavis:[127.0.0.1]:10024

master.cfの設定です。

[root@www ~]# vi /etc/postfix/master.cf

最終行に追記します。

smtp-amavis unix -    -    n    -    2 smtp
    -o smtp_data_done_timeout=1200
    -o smtp_send_xforward_command=yes
    -o disable_dns_lookups=yes
127.0.0.1:10025 inet n    -    n    -    -    smtpd
    -o content_filter=
    -o local_recipient_maps=
    -o relay_recipient_maps=
    -o smtpd_restriction_classes=
    -o smtpd_client_restrictions=
    -o smtpd_helo_restrictions=
    -o smtpd_sender_restrictions=
    -o smtpd_recipient_restrictions=permit_mynetworks,reject
    -o mynetworks=127.0.0.0/8
    -o strict_rfc821_envelopes=yes
    -o smtpd_error_sleep_time=0
    -o smtpd_soft_error_limit=1001
    -o smtpd_hard_error_limit=1000

再起動します。

[root@www ~]# systemctl restart postfix