日本最大級のネットショッピング比較サイト


AlmaLinux8:セキュリティ対策

セキュリティ対策

アンチウィルスソフトの導入(Clam AntiVirus)

Clam AntiVirus をインストールします。

[root@www ~]# dnf --enablerepo=epel -y install clamav clamav-update
[root@www ~]# sed -i -e "s/^Example/#Example/" /etc/freshclam.conf

パターンファイルを更新します。

[root@www ~]# freshclam
ClamAV update process started at Sun Jun 30 23:51:01 2019
main.cvd is up to date (version: 58, sigs: 4566249, f-level: 60, builder: sigmgr)
daily.cld is up to date (version: 25496, sigs: 1606212, f-level: 63, builder: raynman)
bytecode.cvd is up to date (version: 328, sigs: 94, f-level: 63, builder: neo)

スキャンを実行して動作確認します。

[root@www ~]# clamscan --infected --remove --recursive /home

----------- SCAN SUMMARY -----------
Known viruses: 6163086
Engine version: 0.101.2
Scanned directories: 38
Scanned files: 23
Infected files: 0
Data scanned: 0.00 MB
Data read: 0.00 MB (ratio 0.00:1)
Time: 179.738 sec (2 m 59 s)

テスト用無害ウィルスをダウンロードします。

[root@www ~]# wget http://www.eicar.org/download/eicar.com

スキャンを実行して動作確認します。

[root@www ~]# clamscan --infected --remove --recursive .

----------- SCAN SUMMARY -----------
Known viruses: 6163097
Engine version: 0.101.2
Scanned directories: 3
Scanned files: 10
Infected files: 1
Data scanned: 0.00 MB
Data read: 0.00 MB (ratio 0.00:1)
Time: 179.738 sec (2 m 59 s)

ファイル改竄検知システムの導入(Tripwire)

Tripwire をインストールします。

[root@www ~]# dnf --enablerepo=epel -y install tripwire

Tripwire の初期設定をします。

[root@www ~]# tripwire-setup-keyfiles

サイトキーファイルのパスフレーズを設定します。

Enter the site keyfile passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ(英数字)
Verify the site keyfile passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ(英数字)

ローカルキーファイルのパスフレーズを設定します。

Enter the local keyfile passphrase: ローカルキーファイルのパスフレーズ(英数字)
Verify the local keyfile passphrase: ローカルキーファイルのパスフレーズ(英数字)

サイトキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your site passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ

サイトキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your site passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ

「/etc/tripwire」へディレクトリを移動します。

[root@www ~]# cd /etc/tripwire

初期設定をします。

[root@www tripwire]# vi twcfg.txt

12行目:報告レベルを最大に変更します。

REPORTLEVEL = 4

設定ファイルを生成します。

[root@www tripwire]# twadmin -m F -c tw.cfg -S site.key twcfg.txt

サイトキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your site passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ
Wrote configuration file: /etc/tripwire/tw.cfg

ポリシーを最適化します。

[root@www tripwire]# vi twpolmake.pl

行頭に「#」が自動挿入される場合は2回に分けて作成します。

#!/usr/bin/perl
# Tripwire Policy File customize tool
# ----------------------------------------------------------------
# Copyright (C) 2003 Hiroaki Izumi
# This program is free software; you can redistribute it and/or
# modify it under the terms of the GNU General Public License
# as published by the Free Software Foundation; either version 2
# of the License, or (at your option) any later version.
# This program is distributed in the hope that it will be useful,
# but WITHOUT ANY WARRANTY; without even the implied warranty of
# MERCHANTABILITY or FITNESS FOR A PARTICULAR PURPOSE. See the
# GNU General Public License for more details.
# You should have received a copy of the GNU General Public License
# along with this program; if not, write to the Free Software
# Foundation, Inc., 59 Temple Place - Suite 330, Boston, MA 02111-1307, USA.
# ----------------------------------------------------------------
# Usage:
# perl twpolmake.pl {Pol file}
# ----------------------------------------------------------------
#
#ここまでを1回目で作成して行頭に「#」の無い行を挿入して、以下をします。
$POLFILE=$ARGV[0];

open(POL,"$POLFILE") or die "open error: $POLFILE" ;
my($myhost,$thost) ;
my($sharp,$tpath,$cond) ;
my($INRULE) = 0 ;

while (<POL>) {
    chomp;
    if (($thost) = /^HOSTNAME\s*=\s*(.*)\s*;/) {
        $myhost = `hostname` ; chomp($myhost) ;
        if ($thost ne $myhost) {
            $_="HOSTNAME=\"$myhost\";" ;
        }
    }
    elsif ( /^{/ ) {
        $INRULE=1 ;
    }
    elsif ( /^}/ ) {
        $INRULE=0 ;
    }
    elsif ($INRULE == 1 and ($sharp,$tpath,$cond) = /^(\s*\#?\s*)(\/\S+)\b(\s+->\s+.+)$/) {
        $ret = ($sharp =~ s/\#//g) ;
        if ($tpath eq '/sbin/e2fsadm' ) {
            $cond =~ s/;\s+(tune2fs.*)$/; \#$1/ ;
        }
        if (! -s $tpath) {
            $_ = "$sharp#$tpath$cond" if ($ret == 0) ;
        }
        else {
            $_ = "$sharp$tpath$cond" ;
        }
    }
    print "$_\n" ;
}
close(POL) ;

[root@www tripwire]# perl twpolmake.pl twpol.txt > twpol.txt.new
[root@www tripwire]# twadmin -m P -c tw.cfg -p tw.pol -S site.key twpol.txt.new

サイトキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your site passphrase: サイトキーファイルのパスフレーズ
Wrote configuration file: /etc/tripwire/tw.pol

データベースを作成します。

[root@www tripwire]# tripwire -m i -s -c tw.cfg

ローカルキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your local passphrase: ローカルキーファイルのパスフレーズ

ディレクトリを移動します。

[root@www tripwire]# cd

チェックを実行します。(定期チェックは日次でチェック実行されます。)

[root@www ~]# tripwire -m c -s -c /etc/tripwire/tw.cfg
Open Source Tripwire(R) 2.4.2.2 Integrity Check Report

Report generated by:          root
...
...
...
All rights reserved.

チェック結果を確認します。

[root@www ~]# ll /var/lib/tripwire/report
total 4
-rw-r--r-- 1 root root 1821526 6月 29 07:58 centosserver.jp-20190629-075230.twr
-rw-r--r-- 1 root root 1830182 6月 30 06:09 centosserver.jp-20190630-060029.twr
-rw-r--r-- 1 root root 1829590 7月 1 09:29 centosserver.jp-20190701-092314.twr
-rw-r--r-- 1 root root 1828518 7月 1 17:27 centosserver.jp-20190701-171400.twr

レポートを指定してデータベースを更新します。

[root@www ~]# tripwire -m u -a -s -c /etc/tripwire/tw.cfg -r /var/lib/tripwire/report/centosserver.jp-20190701-171400.twr

ローカルキーファイルのパスフレーズを入力します。

Please enter your local passphrase: ローカルキーファイルのパスフレーズ

rootkit検知システム導入(RkHunter)

RKHunter をインストールします。

[root@www ~]# dnf --enablerepo=epel -y install rkhunter

RKHunter の設定します。

[root@www ~]# vi /etc/sysconfig/rkhunter

レポートを送信する宛先とスキャンモードを設定します。

#レポートを送信する宛先
MAILTO=root@localhost
#スキャンモード
DIAG_SCAN=no

データベースをアップデートします。

[root@www ~]# rkhunter --update

システムのファイル情報をアップデートすます。

[root@www ~]# rkhunter --propupd

チェック実行します。

[root@www ~]# rkhunter --check --sk
[ Rootkit Hunter version 1.4.2 ]

Checking system commands...
...
...
No warnings were found while checking the system.

SSHサーバー公開鍵認証方式接続の設定

windows PCの任意の場所に「SSH鍵」フォルダを作成し、その中に「公開鍵」フォルダ、「秘密鍵」フォルダを作成します。

windows PCのTeraTermを起動し、「設定」→「SSH鍵生成」を選択します。

SSH鍵生成

「鍵の種類」で鍵の暗号方式(例:ECDSA-521)を選択し、「生成」をクリックします。

鍵の種類

「鍵のパスフレーズ」を設定します。

鍵のパスフレーズ

「公開鍵の保存」をクリックして、作成した「公開鍵」フォルダに保存します。

公開鍵の保存

「秘密鍵の保存」をクリックして、作成した「秘密鍵」フォルダに保存します。

秘密鍵の保存

サーバーの公開鍵の作成

TeraTermを起動し、ユーザーでログインします。

[webmaster@www ~]$ mkdir .ssh
[webmaster@www ~]$ chmod 700 .ssh/
[webmaster@www ~]$ touch .ssh/authorized_keys
[webmaster@www ~]$ chmod 600 .ssh/authorized_keys

TeraTermで公開鍵を転送します。

「ファイル」→「SSH SCP…」を選択します。

SSH SCP...

「…」をクリックして、「公開鍵」を選択します。

公開鍵

「Send」をクリックしてユーザーホームに転送ます。

Send

公開鍵を「.ssh/」へ転記します。

[webmaster@www ~]$ cat id_rsa.pub >> .ssh/authorized_keys

接続テスト

「新しい接続」を選択します。

新しい接続

「ホスト」にIPアドレスを入力して、「OK」をクリックします。

IPアドレス

「ユーザー名」、「パスフレーズ(鍵のパスフレーズ)」を入力します。

「ユーザー名」、「パスフレーズ(鍵のパスフレーズ)」を入力

「RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う」を選択します。

RSA/DSA/ECDSA/ED25519鍵を使う

「秘密鍵」をクリックして、保存した「SSH鍵/秘密鍵/id_rsa」を選択します。

SSH鍵/秘密鍵/id_rsa

「OK」をクリックして接続を確認します。

「OK」をクリックして接続を確認

rootへログインします。

[webmaster@www ~]$ su -
パスワード:

「/etc/ssh/sshd_config」を編集して、秘密鍵での認証接続

バックアップを作成します。

[root@www ~]# cp -p /etc/ssh/sshd_config /etc/ssh/sshd_config_bck

編集します。

[root@www ~]# vi /etc/ssh/sshd_config

70行目:「yes」→「no」に変更します。

PasswordAuthentication no

SSHを再起動します。

[root@www ~]# systemctl restart sshd