日本最大級のネットショッピング比較サイト


CentOS7:CentOS8.0にアップグレード

 

アップグレード

http://mirror.centos.org/centos/8/BaseOS/x86_64/os/Packages/」より最新の「centos-repos-8.*****.el8.x86_64.rpm」のURLをコピーして上記の変更フォームにて文中のURLを変更します。(エラーがでるばあいはURLを「http://centos.rcg.jp/wordpress/download/centos-release-8.0-0.1905.0.9.el8.x86_64.rpm」に変更します。

クライアントPC(Windows)でTera Termを起動します。

Tera Termの使い方

バックアップ設定を行います。

バックアップ設定

ツールをインストールします。

[root@www ~]# yum -y install epel-release rpmconf yum-utils

アップグレードします。

[root@www ~]# yum -y update

「Rpmconf」の初期設定を行います。

[root@www ~]# rpmconf -a;

CentOS8.0にアップグレード

[root@www ~]# package-cleanup --leaves
[root@www ~]# package-cleanup --orphans
[root@www ~]# yum install -y dnf
[root@www ~]# dnf remove -y yum yum-metadata-parser
[root@www ~]# rm -Rf /etc/yum
[root@www ~]# dnf upgrade -y
[root@www ~]# dnf upgrade -y http://centos.rcg.jp/wordpress/download/centos-release-8.0-0.1905.0.9.el8.x86_64.rpm
[root@www ~]# dnf upgrade -y https://dl.fedoraproject.org/pub/epel/epel-release-latest-8.noarch.rpm
[root@www ~]# dnf clean all
[root@www ~]# rpm -e `rpm -q kernel`
[root@www ~]# rpm -e --nodeps sysvinit-tools
[root@www ~]# dnf -y --releasever=8 --allowerasing --setopt=deltarpm=false distro-sync
[root@www ~]# dnf install -y kernel-core
[root@www ~]# dnf groupupdate -y "Core" "Minimal Install"

再起動します。

[root@www ~]# reboot now

再起動後、クライアントPC(Windows)でTera Termを起動します。(Tera Termの使い方

アップグレードを確認します。

[root@www ~]# cat /etc/redhat-release;
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

リポジトリを追加

標準リポジトリを追加します。

[root@www ~]# dnf -y install epel-release

標準リポジトリを最優先にします。

[root@www ~]# vi /etc/yum.repos.d/epel.repo

「priority=10」を追記します。

[epel]
name=Extra Packages for Enterprise Linux $releasever - $basearch
#baseurl=https://download.fedoraproject.org/pub/epel/$releasever/Everything/$basearch
metalink=https://mirrors.fedoraproject.org/metalink?repo=epel-$releasever&arch=$basearch&infra=$infra&content=$contentdir
failovermethod=priority
enabled=1
priority=10 #追記

EPELリポジトリを追加します。

[root@www ~]# dnf -y install elrepo-release

EPELリポジトリを最優先にします。

[root@www ~]# vi /etc/yum.repos.d/elrepo.repo

「priority=10」を追記します。

[elrepo]
name=ELRepo.org Community Enterprise Linux Repository - el8
baseurl=http://elrepo.org/linux/elrepo/el8/$basearch/
        http://mirrors.coreix.net/elrepo/elrepo/el8/$basearch/
        http://jur-linux.org/download/elrepo/elrepo/el8/$basearch/
        http://repos.lax-noc.com/elrepo/elrepo/el8/$basearch/
mirrorlist=http://mirrors.elrepo.org/mirrors-elrepo.el8
enabled=1
priority=10 #追記

Remi’s RPM repositoryリポジトリを追加します。

[root@www ~]# dnf -y install https://rpms.remirepo.net/enterprise/remi-release-8.rpm

モジュラーリポジトリを追加します。

[root@www ~]# dnf --enablerepo=remi-modular --disablerepo=AppStream module list

システムを最新化します。

[root@www ~]# dnf upgrade -y

再起動します。

[root@www ~]# reboot now

再起動後、クライアントPC(Windows)でTera Termを起動します。(Tera Termの使い方

アップグレードを確認します。

[root@www ~]# cat /etc/redhat-release;
CentOS Linux release 8.2.2004 (Core)

インストールDVD作成

CentOS8.0 復元用にインストールDVDを作成します。

CenuOS8.0ダウンロード

ダウンロードページからインストールディスクイメージ(CentOS-8-x86_64-DVD-****.iso)をダウンロードします。

インストールDVDを作成

ファイルサイズ 約 7Gb なので片面 2 層 式DVD-R(8.5Gb)を使用します。

ImgBurnを使いCentOS-8-x86_64-DVD-****.isoでCentOS7インストールディスクを作成し大切に保管します。