日本最大級のネットショッピング比較サイト


Ubuntu16:バックアップ設定

バックアップ設定

バックアップ領域の作成

サーバーの電源を切ってHDD(メインHDDより容量の大きいもの)を追加しておきます。

Windows のリモートデスクトップ機能でサーバーに接続します。

「アプリケーション」→「設定」→「ディスク」を選択します。

バックアップ用HDDを選択し、「+」→「サイズを設定」→「名前を設定」→「作成」で初期バックアップ用(Defalt HDD Backup 20Gb)、システムバックアップ用(Sestem Backup)のパーティション作成します。

」をクリックしてマウントします。

自動バックアップの設定

epelリポジトリをインストールします。

root@www:~# add-apt-repository ppa:teejee2008/ppa
root@www:~# apt-get -y update

timeshiftをインストールします。

root@www:~# apt-get -y install timeshift

独自翻訳した日本語化ファイルを用意いたしました。

日本語化ファイル(timeshift.zip)をダウンロードし、解凍します。

解凍したファイル(timeshift.mo)をsambaのフォルダにコピーします。

「ubuntu」→「Share」にtimeshift.moをペーストします。

timeshift.moをペースト

Windows のリモートデスクトップ機能でサーバーに接続します。

「ファイルシステム」→「samba/share/timeshift.mo」をコピーします。

「ファイルシステム」→「usr/share/locale/ja/LC_MESSAGES」へ貼付けます。

「アプリケーショーン」→「システム」→「Timeshift」を選択します。

「RSYNC」を選択し、「次」をクリックします。

「Sestem Backup」を選択し、「次」をクリックします。

「毎日」を選択し、「次」をクリックします。

「次」をクリックします。

「終了」をクリックします。

「設定」をクリックします。

「ユーザー」をクリックし、「すべてのファイルを含める」を選択します。

「作成」をクリックしスナップショットを作成します。

(リモートディスクトップで復元できない場合はサーバーにログインして復元します。)