日本最大級のネットショッピング比較サイト


Ubuntu18:システム監視設定

システム監視設定

 

Nagiosのインストール

nagiosユーザーを作成します。

root@www:~# useradd -d /usr/local/nagios/ -M nagios

Nagiosをダウンロードします。

root@www:~# wget https://downloads.sourceforge.net/project/nagios/nagios-4.x/nagios-4.2.4/nagios-4.2.4.tar.gz

Nagiosを展開します。

root@www:~# tar zxvf nagios-4.2.4.tar.gz

Nagios展開先ディレクトリへ移動します。

root@www:~# cd nagios-4.2.4

Nagios日本語化パッチをダウンロードします。

root@www:nagios-4.2.4# wget http://ftp.momo-i.org/pub/security/nagios/patches/nagios-jp-4.2.4.patch.gz

Nagios日本語化パッチを施行します。

root@www:nagios-4.2.4# gzip -dc nagios-jp-4.2.4.patch.gz |patch -p1

Nagiosをインストールします。

root@www:nagios-4.2.4# ./configure && make all && make fullinstall && make install-config

ディレクトリを抜けます。

root@www:nagios-4.2.4# cd

Nagios展開先ディレクトリを削除します。

root@www:~# rm -rf nagios-4.2.4

ダウンロードしたファイルを削除します。

root@www:~# rm -f nagios-4.2.4.tar.gz

Nagiosプラグインインストール

mysql-clientをインストールします。

root@www:~# apt -y install mysql-client

libmysqlclient-devをインストールします。

root@www:~# apt -y install libmysqlclient-dev

Nagiosプラグインをダウンロードします。

root@www:~# wget https://nagios-plugins.org/download/nagios-plugins-2.1.4.tar.gz

Nagiosプラグインを展開します。

root@www:~# tar zxvf nagios-plugins-2.1.4.tar.gz

Nagiosプラグイン展開先ディレクトリへ移動します。

root@www:~# cd nagios-plugins-2.1.4

Nagiosプラグインをインストールします。

root@www:nagios-plugins-2.1.4# ./configure && make && make install

ディレクトリを抜けます。

root@www:nagios-plugins-2.1.4# cd

Nagiosプラグイン展開先ディレクトリを削除します。

root@www:~# rm -rf nagios-plugins-2.1.4

ダウンロードしたファイルを削除します。

root@www:~# rm -f nagios-plugins-2.1.4.tar.gz

Nagios設定

nagios.cfgを設定します。

root@www:~# vi /usr/local/nagios/etc/nagios.cfg

51行目:行頭の「#」を削除してコメント解除し、サーバー監視設定有効化の設定します。

cfg_dir=/usr/local/nagios/etc/servers

1094行目:日付書式をYYYY-MM-DD HH:MM:SSにするを設定します。

date_format=iso8601

サーバー監視設定ファイル格納ディレクトリを作成します。

root@www:~# mkdir /usr/local/nagios/etc/servers

contacts.cfgを設定します。

root@www:~# vi /usr/local/nagios/etc/objects/contacts.cfg

34行目:管理者メールアドレスを指定を設定します。

define contact{
        contact_name                    nagiosadmin             ; Short name of user
        use                             generic-contact         ; Inherit default values from generic-contact template (defined above)
        alias                           Nagios Admin            ; Full name of user

        email                           root@localhost
        }

localhost.cfgを設定します。

root@www:~# vi /usr/local/nagios/etc/objects/localhost.cfg

141行目:SSH状態変化時に通知するを設定します。

define service{
        use                             local-service         ; Name of service template to use
        host_name                       localhost
        service_description             SSH
        check_command                   check_ssh
        notifications_enabled           1
        }

154行目:SSH状態変化時に通知するを設定します。

define service{
        use                             local-service         ; Name of service template to use
        host_name                       localhost
        service_description             HTTP
        check_command                   check_http
        notifications_enabled           1
        }

commands.cfgを設定します。

root@www:~# vi /usr/local/nagios/etc/objects/commands.cfg

29行目:nkfコマンドのメール本文文字化け対策の設定します。

# 'notify-host-by-email' command definition
define command{
        command_name    notify-host-by-email
        command_line    /usr/bin/printf "%b" "***** Nagios *****\n\nNotification Type: $NOTIFICATIONTYPE$\nHost: $HOSTNAME$\nState: $HOSTSTATE$\nAddress: $HOSTADDRESS$\nInfo: $HOSTOUTPUT$\n\nDate/Time: $LONGDATETIME$\n" | /usr/bin/nkf -j | /bin/mail -s "** $NOTIFICATIONTYPE$ Host Alert: $HOSTNAME$ is $HOSTSTATE$ **" $CONTACTEMAIL$
        }

35行目:nkfコマンドのメール本文文字化け対策の設定します。

# 'notify-service-by-email' command definition
define command{
        command_name    notify-service-by-email
        command_line    /usr/bin/printf "%b" "***** Nagios *****\n\nNotification Type: $NOTIFICATIONTYPE$\n\nService: $SERVICEDESC$\nHost: $HOSTALIAS$\nAddress: $HOSTADDRESS$\nState: $SERVICESTATE$\n\nDate/Time: $LONGDATETIME$\n\nAdditional Info:\n\n$SERVICEOUTPUT$" | /usr/bin/nkf -j | /bin/mail -s "** $NOTIFICATIONTYPE$ Service Alert: $HOSTALIAS$/$SERVICEDESC$ is $SERVICESTATE$ **" $CONTACTEMAIL$
        }

Apache2設定

Nagios用Apache2設定ファイルを設定します。

root@www:~# vi /etc/apache2/sites-available/nagios.conf

16行目:追記します。

      <RequireAny>

17行目:行頭に「#」を追記してコメント化し、内部からのみアクセス可能にする設定をします。

#         Require all granted

19行目:内部ネットワーク(192.168.1.1/24)からのみアクセス可能にする設定をします。

         Require ip 192.168.1.1/24

20行目:追記します。

      </RequireAny>

49行目:追記します。

      <RequireAny>

50行目:行頭に「#」を追記してコメント化し、内部からのみアクセス可能にする設定をします。

#         Require all granted

52行目:内部ネットワーク(192.168.1.1/24)からのみアクセス可能にする設定をします。

         Require ip 192.168.1.1/24

53行目:追記します。

      </RequireAny>

Webサーバー設定反映を設定します。

root@www:~# systemctl restart apache2

Nagios管理ユーザー(nagiosadmin)を作成します。

root@www:~# htpasswd -c /usr/local/nagios/etc/htpasswd.users nagiosadmin

パスワードを設定します。

New password:
Re-type new password:
Adding password for user nagiosadmin

Nagios起動

起動します。

root@www:~# systemctl restart nagios

Webブラウザを起動し、「http://ubuntuserver.jp/nagios/」にアクセスし、管理ユーザー:nagiosadmin、登録済パスワードでログインして動作確認をします。

nagios